2011年12月02日

さつま汁

圧力鍋を使ったレシピ「さつま汁」をご紹介します。

「南蛮汁」とも呼ばれ、薩摩(鹿児島)からはじまったとされる、
濃厚なみそ仕立ての汁物です。鶏の骨付きぶつ切り肉を使うのが特徴です。

身が骨から離れるくらいコトコトと煮るため、時間がかかる料理ですが、
圧力鍋を使えば短時間でおいしくできます。

さつま汁 レシピ

◆材料(2人分)
●鶏肉(骨付きぶつ切り)・・・150g
●里芋・・・1個
●ニンジン・・・1/4本
●大根・・・6センチ
●しいたけ・・・2枚
●カツオだし・・・カップ2
●みそ・・・大さじ1強
●ねぎ(小口切り)、おろしショウガ・・・少々

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.里芋は皮をむき、輪切りにして塩でもみ、水洗いをしてぬめりを取ります。
2.ニンジン、大根は皮をむき、いちょう切りにします。
3.しいたけは斜めのそぎ切りにして、1つを4つに切ります。

◆調理
4.圧力鍋に鶏肉と下ごしらえした野菜を入れ、カツオだしを加えます。
5.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にし、
  4分加圧(高圧)して火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
6.圧力が下がったら、ふたを開けます。アクを取り、みそを加えて溶かします。
7.器に盛り、小口切りにしたネギと、おろししょうがを添えていただきます。
posted by mio at 12:50| 圧力鍋 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

呉汁

圧力鍋を使ったレシピ「呉汁」をご紹介します。

「呉汁」は、ゆでた大豆をすりつぶし、みそ仕立てにした汁物です。
油あげやニンジン、大根、ごぼうなど、根野菜をたっぷり加えていただきましょう。

乾燥豆を圧力鍋で調理するときの注意:
1.圧力をかける時間が長すぎると豆がやわらかくなりすぎるので注意。
2.豆の量は、鍋の半分以下にします。
  豆の皮などがはがれて蒸気が抜ける穴をふさいでしまい、危険なことがあります。

呉汁 レシピ

◆材料(2人分)
●大豆(乾燥)・・・1/3カップ
●水・・・1カップ

●大根・・・6cm
●ニンジン・・・1/4本
●ごぼう・・・1/2本
●長ネギ・・・1/2本
●油揚げ・・・1/2枚
●だし汁・・・3カップ
●みそ・・・大さじ3

●万能ネギ・・・適量

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.大豆は、豆の3倍の分量の水に、ひと晩浸しておきます。
2.大根、ニンジンは皮をむいていちょう切りにします。
  長ネギは1cm幅の小口切りにします。ごぼうは皮をこそぎ落として乱切りにします。
3.油揚げは熱湯をかけて油抜きしてから短冊切りにします。
4.万能ネギは小口切りにします。

◆調理
5.圧力鍋に1の大豆を水ごと入れます。
  *豆を炊くときは、鍋の半分以下になるようにします。
6.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にし、
  5分加圧(高圧)して火をとめ、ふたに少しずつ水をかけ、急速に圧力をさげます。
7.圧力が下がったら、ふたを開けます。6をざるあげて水気を切り、
  ミキサーに移してだし汁を加えてなめらかにします。
  *ミキサーがない場合は、すり鉢ですってください。
8.圧力鍋に7を入れ、2の野菜と3の油揚げを入れます。
  ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたらすぐに火をとめます。
  自然に圧力が下がるのを待ちます。
9.圧力が下がったら、ふたを開けます。みそを溶きいれます。
10.器に盛り、4の万能ネギを散らして召し上がれ!
posted by mio at 10:50| 圧力鍋 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ティファ−ル社の生い立ち

T-fal(ティファール)は、
フランスのセブグループ(Groupe SEB)の中核ブランドです。

調理器具、キッチンウェアの製造、販売を手掛けています。

1956年に「こびりつかない(=ノンスティック)」フライパンを発明し、
調理器具の新分野を開拓して以後も、新しい発想と技術革新を続け、
自社の売り上げの拡大と、企業買収による製品分野の拡大によって、
世界を代表するノンスティック調理器具のトップブランドに成長しました。

さらに今日では、
圧力なべや調理家電、アイロン、体重計などでも
世界的なトップメーカーとなっています。

-------------------------------フランスでは

1953年、セブ社が安全弁付きプレス成形圧力なべを発売
1956年、ティファール社が世界で初めて「こびりつかない」
    フッ素樹脂加工フライパンの生産開始
1968年、セブとティファールが合併し、そのブランドとなる
    現在は、世界約150カ国で扱われるグローバル・ブランド

-------------------------------日本では

1975年、セブジャパンとして日本に進出
1998年、日本で展開しているブランドを“セブ”から“ティファール(T-FAL)”に変更
1999年、取っ手の取れるティファール商品が爆発的なヒット
2000年、取っ手の取れるティファール第2弾圧力鍋にもなるセットを発売
2001年、フライパンに革命的な技術をもたらした
    温度の見えるティファール・シリーズを発売

--------------------------------
posted by mio at 19:56| ティファール社とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。