2011年12月02日

さつま汁

圧力鍋を使ったレシピ「さつま汁」をご紹介します。

「南蛮汁」とも呼ばれ、薩摩(鹿児島)からはじまったとされる、
濃厚なみそ仕立ての汁物です。鶏の骨付きぶつ切り肉を使うのが特徴です。

身が骨から離れるくらいコトコトと煮るため、時間がかかる料理ですが、
圧力鍋を使えば短時間でおいしくできます。

さつま汁 レシピ

◆材料(2人分)
●鶏肉(骨付きぶつ切り)・・・150g
●里芋・・・1個
●ニンジン・・・1/4本
●大根・・・6センチ
●しいたけ・・・2枚
●カツオだし・・・カップ2
●みそ・・・大さじ1強
●ねぎ(小口切り)、おろしショウガ・・・少々

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.里芋は皮をむき、輪切りにして塩でもみ、水洗いをしてぬめりを取ります。
2.ニンジン、大根は皮をむき、いちょう切りにします。
3.しいたけは斜めのそぎ切りにして、1つを4つに切ります。

◆調理
4.圧力鍋に鶏肉と下ごしらえした野菜を入れ、カツオだしを加えます。
5.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にし、
  4分加圧(高圧)して火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
6.圧力が下がったら、ふたを開けます。アクを取り、みそを加えて溶かします。
7.器に盛り、小口切りにしたネギと、おろししょうがを添えていただきます。
posted by mio at 12:50| 圧力鍋 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。